自己紹介

うちの猫を紹介します

こんにちは!

ジルわこハウス(@gillwacohouse)です

 

 

今回はうちのねこの紹介を書きたいと思います

家のことは特に出てきませんので、悪しからず…

ちなみにサムネのねこちゃんは借りてきたねこです

 

ご興味のある方は是非ご覧ください!

「ジルわこハウス」の由来にもなっているねこ達です

(出会いとかを思い出して書いてたらだいぶ長くなってしまった…)


甘えん坊の長男

  • 名前  ジルヴァ
  • 年齢  4歳
  • 性別  男の子
  • 種別  アメリカンショートヘアー
  • 性格  甘えん坊、寂しがり、ビビり、カメラ嫌い
  • 特性  運動苦手、妻が大好き

ジルわこ家の長男ねこです

出会いはペットショップ

 

元々「いつかねこを飼いたいね」と現妻(結婚前)と話していて

ペット可の物件を借りて住んでいました

 

それである日、新規オープンしたペットショップがあると聞いて

ふらっと行ってみることにしました

 

私にちょっと長めの出張の予定があったので

今回は見に行くだけかなと軽い気持ちで行きました

 

オープンしたてというのもあってか

わんちゃんもねこちゃんもたくさんいました

 

そんな中で出会ったのが

生後3か月くらいのアメショーの男の子です

 

そしてその子を抱っこさせてもらう妻

ねこを抱っこした経験はないですが

見よう見まねで私も抱っこさせてもらいました

 

かわいい…!

今日は見るだけと思っている私の心もちょっと揺らぎます

 

慣れない手つきの抱っこはねこちゃんも嫌なのか

サッと妻の腕のほうへ戻っていきます

 

そして妻に甘え続けるねこちゃん

微動だにしない妻

送られる熱い視線

 

しかし出張がなぁ…

 

妻母「うちでも面倒見れるよ」

そう、妻の実家では当時ねこを3匹飼っていました

 

くっ!出口を塞がれた!

これは腹を括るしかないのか…

 

妻もかなりビビッっと来てたし

私的にもねこちゃんには惹かれていたので

「これは運命か」

と思って連れて帰ることを決心しました

 

名前の由来

写真の通り、毛の色が銀色で

「シルバータビー」という種類の経路になります

 

そこで「シルバー」繋がりの名前にしようとなって

外国語の「シルバー」の言い回しを探していました

 

そんな中で見つけたのがオランダ語の言い回しで

「シルバー」のことを「ジルヴァラ」と呼ぶようです

 

そこから取って「ジルヴァ」という名前になりました

 

ただ「ジル」という略称で呼ぶことのほうが多く

「ジルヴァ」という本名で呼ばれるのは

病院に行ったときくらいになっています…

 

ちなみに

女優の北川景子さんの愛猫も「ジル」君らしいです

 

妻大好きっこ

出会いの時からそうでしたが

妻のことが大好きな子で

いつも妻に甘えに行ってました

 

私のところに来てくれるのは

ごはんが欲しい時か

妻が不在の時くらい

 

そんなジルも4年近く一緒に過ごしてきて

最近ようやく私のところにも普段から甘えに来てくれるようになりました!

 

「生きててよかった」

そんな感じです笑

 

あとカメラを向けられるのが嫌い

寝てる時の写真が殆どです

 

運動はちょっと苦手なほうで

ジャンプとか時々失敗します

 

あとはちょっと病気がちなところがあって

病院通いが欠かせませんが

療法食と投薬で改善には向かっていて

病院通いの頻度も少しづつ減っていているので

このまま落ち付いて過ごしてほしいですね

 

元気いっぱいの長女

  • 名前  わこ
  • 年齢  1歳
  • 性別  女の子
  • 種別  和猫
  • 性格  超ビビり、好奇心旺盛
  • 特性  運動神経抜群、ジルが大好き

ジルわこ家の長女ねこです

保護猫施設での出会い

上で書いたジルの病気に関して

ストレスによる部分も多少影響あるかなと思っていて

ジルの遊び相手の子がいたら改善するかな

と考えていました

 

病院に行くと里親募集とか保護施設のチラシがよく置いてあるんですが

近くの施設で譲渡会を実施するという案内があって行ってみることにしました

 

ジルが結構気難しいというか小心者というか

そんな性格なので

成猫を迎えると逆にストレスになってしまうかな…

男の子同士だとナワバリ争いで喧嘩したりもするかな…

という思いがあったので

子猫の女の子がいたらいいな

と思っていました

 

譲渡会の会場内には

その条件に該当する子はいませんでしたが

施設のスタッフさんに話を聞いてみると

風邪で譲渡会には参加できないけど

奥に子猫の女の子が一匹いると伺い

ひとまず姿だけ見せていただくことにしました

 

靴下をはいたかわいらしい子がケージの中にちょこんと座っていました

ほんの少しの時間でしたが

ここでもビビッと来て

その日はトライアルの申し込みをして帰りました

 

譲渡会などは会場に来ていきなり連れて帰ることはできず

家族構成や飼育環境などを考慮して審査をし

審査が通ればまずはトライアルという形で1週間程度

家で様子見をして、問題なければ正式譲渡というステップを踏むことが多いです

(虐待目的で連れて帰るような人もいるからの措置だそうです…)

 

トライアル開始

その後トライアルが決まったとの連絡が入り

施設のスタッフさんに家まで連れてきてもらい

トライアル生活がスタートしました

 

やっぱり風邪の症状などはまだあったので

まずは病院へ連れて行きました

 

検査の結果、猫風邪と耳ダニが見つかったので

その治療もしながらのトライアルとなりました

両方とも野良の子だと患っている可能性が高い症状で

他のねこにも移るので治るまではジルとの接触はしばらくできません…

(寄生虫がいなかったのは幸いでした)

 

そのため新しく来た子をジルはケージ越しに見ていましたが

興味はありそうで、威嚇したりもなかったので

「うちに迎えても大丈夫そうかな」と思って

そのまま正式譲渡させてもらうことになりました

 

名前の由来

名前に関してはジルの時よりいろんな案が出て迷ったのですが

最終的には「和猫の子」⇒「ねこの」⇒「わこ」

という名前になりました

 

ちゃん付けがデフォルトですね

元気すぎる女の子

猫風邪や耳ダニが治ってケージから解放された後は

こっちが心配になるくらい全力で家の中を走り回って

高いキャットタワーもバンバン上って行って

ジルでは想像できないくらい運動神経がいい子でした

 

あとジルのことが大好き

いっつもちょっかいを出して

あしらわれて

それでも諦めずちょっかいを出しています笑

 

最初はしつこくて嫌がっていたジルも

最近は慣れたのかよく一緒にいます

 

わこちゃんが来てから

ジルの病気も悪化することはなく

改善傾向にあるので

わこちゃんがうちに来てくれてよかった!

と思っています

 

そんなわこちゃんも困りごとが一つあって

時々ソファーにおしっこをしてしまうことです

 

ソファーのほうを対策したり

トイレを変えてみたり

色々試行錯誤をしてはいるのですが

根本的な解決にならず

どうしたものかと日々悩み中です

 

家を建てたらまずはソファーを置かない生活スタイルに切り替えるかな

と思っています…

 

そんなちょっとクセのある2匹と一緒に暮らす家づくり

どんな風になっていくのか楽しみです




✂===================✂

最後まで読んで頂きありがとうございます!!

ブログランキングへ参加中です
下記リンクをクリック頂けると励みになります

家づくり経験者の施主ブログには
家づくりのヒントがたくさん詰まっています

\積水ハウス施主の人気ブログはこちら/
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
\マイホーム全般の人気ブログはこちら/

\テーマ別最新記事へのリンクはこちら/
新築一戸建て
マイホームブログ
家づくりを楽しもう!
ネコと暮らす家

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA