積水ハウス

積水ハウスの陶版外壁「ベルバーン」|2022年版デザイン&カラー全種類紹介

当ブログにお越しいただきありがとうございますm(_ _)m

2022年3月に引き渡しを受けました
積水ハウスのシャーウッドで猫と暮らす家を建てた施主のブログです

まだ記事にできていないリアルタイムな引き渡し後の状況もInstagramやTwitterで日々投稿していますのでこちらもぜひフォローお願いします!

Follow me

こんにちは!

ジルわこ(@gillwacohouse)です

 

 

積水ハウスの主力商品には鉄骨造の「イズシリーズ」と、木造の「シャーウッド」がありますが、ジルわこ邸は「シャーウッド」で進めることになりました

シャーウッドを特徴付ける構造や仕様などは幾つかありますが、そのうちの一つが陶器外壁の「ベルバーン」ですね

積水ハウスで建てた方の中にはベルバーンに惹かれてシャーウッドにしたという方も多いのではないでしょうか?

この記事はベルバーンの種類や特徴についてついてまとめてみましたので、外壁選びの参考になれば嬉しいです

  • ベルバーンのデザインやカラーの種類
  • ベルバーンを選ぶ際の注意点
  • ベルバーンの特徴

それでは早速行ってみましょう

ベルバーンのデザインとカラー

ベルバーンは焼き物であるためか、デザインやカラーはある程度限定されているように思います

とは言え意匠性に拘って作られた外壁材なので、個人的にはどれもかっこよく見えます笑

 

デザインは以下の5種類があり、色の種類を含めると全12種類から選べます

色合いとしては白系、黒系、茶系など、自然の色味を感じるものが殆どです

ベルバーンのデザイン&カラー一覧
  • クラフトボーダー(全4色)
  • スレントボーダー(全2色)
  • スティックボーダー(全2色)
  • クシビキボーダー(全3色)
  • グレイスボーダー(全1色)

※2022年の最新カタログ情報より

 

一つずつ写真付きで紹介します

クラフトボーダー

最もスタンダードなデザインで、カラーバリエーションも豊富です

どんな家にも合わせやすい優等生だと思います

カラーバリエーション
  • ソイルチャコール
  • ソイルブラウンⅡ
  • ソイルアイボリーⅡ
  • ソイルホワイト

 

スレンドボーダー

スマートな印象のあるやや細めのボーダーで、色は白と黒の2種類です

外壁の色は黒か白が最近だと圧倒的に多い印象で、このベルバーンもかなり使いやすいと思います

カラーバリエーション
  • スムースチャコール
  • スムースホワイト

 

スティックボーダー

細いスティック状のテクスチャが独特な風合いを感じます

好き嫌いは分かれそうですが、タイルっぽいのが苦手な人はこんなデザインもありだと思います

カラーの選択肢が少ないのが少し残念ですね

カラーバリエーション
  • ナチュラルアイボリーⅡ
  • ナチュラルホワイト

 

クシビキボーダー

櫛引きのラインが入った和風なデザインです

色のネーミングも和風感を漂わせていますね

カラーバリエーション
  • 織部黒
  • 遠州茶
  • 利休白

グレイスボーダー

太いスクラッチ柄が印象的な洋風デザインです

色は白1択で、完全に洋風建築向けに絞った商品のように感じますね

カラーバリエーション
  • シェーブホワイト

 

ジルわこ邸はどれを選んだ?

ここまで紹介しておいてなんですが、私達は外壁をベルバーンにしませんでした

ジル
ジル
今更何言ってるにゃ!?

 

デザイン性、メンテナンス性の高さにおいてやはりベルバーンは優秀だと思います

契約のタイミングであればベルバーン割引も適用されますので、極端に値段が高いという訳でもありません

そんな感じで決してベルバーンがイマイチだったという訳ではなく、今回の家には別の外壁にしたほうが合う!という設計士さんの猛プッシュにより、実は別の外壁材を選びました

何を選んだのか気になる方は、よろしければこちらの記事もご覧ください

積水ハウスシャーウッドで選べる外壁の種類|吹付外壁のススメ積水ハウス「シャーウッド」で2022年に家を建てました。ベルバーン以外の外壁の選択肢について、我が家で選んだ吹付外壁のオススメポイントについて紹介しています。...

 

ちなみに個人的にいいなと思っていたのはクシビキボーダーの織部黒なんですが、営業のファンタジスタ藤本さん的には一番オススメしないやつと言われました…笑

ベルバーンを選ぶ際の注意点

なぜクシビキボーダーの織部黒をオススメしないと言われたか、実際のサンプルを見てなんとなく納得しました

写真では黒くて渋くて落ち着いた感じに見えるのですが、サンプルを見るとテカリが強くて色味もちょっとこげ茶っぽい感じで、有り体に言うと安っぽく見える印象を受けました

ベルバーンに限らずですが、色や質感は写真だけでは分かりにくいので、必ずサンプルを確認して、可能なら気になるベルバーンのデザイン・カラーを採用している実例も見学させてもらって決めるのが良いと思いました

光の当たり方でも見え方が変わるので、実例を見ておいた方が「思ってたのと違う!」となりにくい気がします

12種類もあるので都合よく見たい実例があるとは限りませんが、実例を見て気に入った中から選ぶというものアリだと思います

(ちなみに2022年のカタログ写真は2021年のものより実際の色味に近く見えました)

ベルバーンの特徴

ここからはベルバーンについて調べた事をまとめた内容なので、ご興味ある方は是非覗いていってください(公式サイトなどを見れば載っている内容ですm_ _m)

唯一無二の外壁

これはベルバーンの開発者インタビューの中で使われていた表現ですが、タイルに似せて作ったわけでもない、サイディングに似せて作ったわけでもない、ベルバーンという固有名詞の外壁材なんだという自負を持ってそう表現されていました

ベルバーンは土を捏ねて形成して焼き上げて作った陶器の外壁材で、意匠性にこだわりのある外壁材だと感じました

 

インタビュー動画を見ても、近くで見たときは焼き物ならではのムラを感じたり、遠くから見たときは外壁に写る陰影を感じたり「近くから見ても遠くから見ても美しい」というところに強いこだわりがあるようです

 

ちなみにシャーウッドでのみ選択できる外壁材です

見慣れてくると「あれベルバーンかな?」とわかるくらいには特徴的な気がします

高い耐久性と耐候性

たまたま目に止まったインタビュー動画を見ていると、意匠性へのこだわりに特化した話しか出ていませんでしたが、工業製品としての耐久性や耐候性についてもかなり高水準の外壁材のようです

ベルバーンは陶器の作り方と同じく、粘⼟を主体とした材料に釉薬(ゆうやく)と呼ばれる液体をかけて、高温で焼き上げる製法です

高温で焼成された釉薬はガラス質の安定した組成となり高い耐候性と表面硬度、強度を発揮するようです

※釉薬…粘土や灰、鉱物などを水に混ぜた液体

展示場に行くと「釘でベルバーンを引っ掻いても全然傷付かない!」みたいな体験ができて、その強さを体感することができると思います

 

表面の発色方法が塗装とは異なるため、紫外線や多雨多湿による色褪せが少なく、長い年月が経過しても美しい外観を保つことができます

ベルバーンが採用されてから約20年が経過しているそうで竣工から17年経過した実例が公式ページにありましたが劣化を感じさせない風合いでした

陶版外壁「ベルバーン」の耐久性 | 商品情報 | 戸建住宅 | 積水ハウス (sekisuihouse.co.jp)

また焼き物であるため耐火性が高いのも特徴です

 

逆に焼き物だから衝撃には弱いのかな?という印象がありましたが、落球衝撃試験という試験を実施して耐衝撃性も確認しているとのことです

あまり詳しくは載ってませんでしたが、おそらくはJIS規格等に則った試験でしょうから、一定水準以上の強度は確保されていると想像します

 

このように高い耐久性と耐候性によって、60年以上の耐用年数を実現しています

一般的なサイディング外壁の耐用年数が10年程度と言われているのに比べると、メンテナンスに掛かる費用はかなり抑えられそうです(基本的に30年毎のシーリング交換のみ)

その分サイディング等と比べると初期費用は掛かると思いますが、後々のメンテナンス費用まで考慮して選びたいところですね

徹底した品質管理

焼き物なので一般的に安定した寸法を出すのが難しいですが、製造工程においては、気温や湿度などの条件によって材料や釉薬の配合および焼成温度を調整するなど、製品寸法や⾊合いを一定の品質に保つために工夫がなされているそうです

職人技をデータ化して工業製品に落とし込んでる感じですね

 

品質検査工程においては、画像処理とAI技術によるチェックシステムを導入していて、寸法、⾊調、光沢、歪みなどが一定の検査基準をクリアしたものだけが出荷されるようです

私の脳内にはポテチの製造工程で、焦げたポテチが判別されてエアーで吹き飛ばされる画が浮かんできました笑

 

このように厳格な寸法管理をしているため、比較的大きいサイズのパネルとして焼成することができ、現場での施工性もよくなっているらしいです

出来上がりを見たら繋ぎ目がずれていて気になる…みたいなことも起こりにくそうですね

おわりに

積水ハウスの木造住宅のシャーウッドの特徴の一つである、ベルバーンについて書いてみました

もちろんシャーウッドといえど外壁材の選択肢は他にも沢山ありますが、個人的にベルバーンはなかなかいい感じだと思っています

 

ここまで読んで頂けた方には多少なりともベルバーンの魅力が伝わったかと思いますので、是非自分たちの好みに合ったベルバーンを探してみて下さい




最後まで読んで頂きありがとうございました!

InstagramとTwitterで家づくり後の様子も日々発信中です
よろしければフォローお願いしますm(_ _)m

Follow me

我が家を担当されたスーパー営業マンの紹介も可能です!
ご興味のある方は、コメント、SNS等からお気軽にお問い合わせください


ブログランキングへ参加しています
猫を押して応援お願いします!

\積水ハウス施主の人気ブログはこちら/
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ

POSTED COMMENT

  1. ゆうや より:

    長く使うものですから維持費や耐久年数も考えてしまいますね。
    60年持つ外壁材は凄いですね。

    • gillwacohouse より:

      コメントありがとうございます!
      どうしても初期費用に目が行きがちですが、将来を見据えたトータルの費用まで考えて判断したいですね✨

  2. pokonyan より:

    我が家は5年目のシャーウッドですが、ベルバーンは綺麗なままです。お勧めですよ。

    • gillwacohouse より:

      貴重な先輩のご意見!ありがとうございます🙇‍♂️
      5年経っても綺麗なままなのいいですね〜

      10年20年後の変化も楽しみですね✨

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA