バスルーム

積水ホームテクノって一体何の会社ですか?

こんにちは!

ジルわこ(@gillwacohouse)です

 

 

先日パナソニックのショールームに行きまして

水回り関係の住宅設備を一通り見てきました

(ほぼキッチンですけど)

パナソニックのショールームの見学レポートの前編
パナソニックのショールームに行ってきた!(前編)こんにちは! ジルわこ(@gillwacohouse)です 先日パナソニックのショールームに行ってきました ...
パナソニックのショールームの見学レポートの後編
パナソニックのショールームに行ってきた!(後編)こんにちは! ジルわこ(@gillwacohouse)です パナソニックのショールーム見学の後編です ...

 

見学終わって設備の目星について話している時に

営業の藤本さんからこんな話がありました

「バスルームは特別こだわりがなければ

積水ホームテクノがバランスが良いのでよく使ってます」

 

積水ホームテクノって何だ!?と思いましたが

主にユニットバスを製造販売しているメーカーで

積水ハウスで選べるバスルームの標準ラインナップの中に

その積水ホームテクノの商品が入っているようでした

 

バランスが良いというのは

デザインや機能やコストがちょうどいいという意味と捉えています

 


積水ホームテクノについて

積水化学工業の100%子会社で

同社の住宅設備部門と販売会社が集まって子会社化しており

ユニットバスが主力商品となっています

 

ユニットバスというと

TOTOとかLIXILとかのイメージがあり

積水ホームテクノ?どこ?という印象ですが(すみません…)

介護向けユニットバスの分野ではシェアNo.1らしいです(同社HP調べ)

 

積水化学工業の子会社ということで

おそらくセキスイハイムでは標準でしょう

元子会社の積水ハウスでも

標準ラインナップに入っています

積水ハウスについて調べてみた
データから見る積水ハウスという会社についての紹介こんにちは! ジルわこハウス(@gillwacohouse)です 積水ハウスに家づくり依頼することにしたジル...

 

その2社くらいかな?と思っていましたが

主要取引先に「旭化成ホームズ」、「住友不動産」、「住友林業」、「三井ホーム」とあったため

その辺の会社の標準ラインナップにも入ってるかも??

 

ただユニットバスおすすめランキング的な記事を見ても

積水ホームテクノは後ろの方にいたりいなかったりなので

知名度や人気はそんなにっぽいですね

 

集合住宅設備向けにも納入しているようで

ふと気になって賃貸のバスルーム見たところ

案の定、積水ホームテクノのユニットバスでした

(シャーメゾンだからそうなるよね)

 

なので実は使い慣れたユニットバスだったみたいです笑

賃貸用なので「1318」というサイズですが

広さや機能には不満なく使えてます

 

特にここが凄いとかは無いですが

排水溝の掃除がしやすいところは気に入ってます

 

積水ハウスのバスルーム標準ラインナップ

夫婦共にそんなに長風呂なわけでもなく

シャワーだけで済ませることが多いので

バスルームにはそこまでこだわりがありません

 

なので藤本さんの言う通り

標準ラインナップから選べばいいかなと思って

いただいたカタログを眺めてみました

 

積水ハウスのバスルームには以下5つの標準品があります

・バスコア BCH Ⅵ

・バスコア BCHE Ⅲ

・バスコア BCH Ⅴ

・サザナ HTV

・セラミックバス

「バスコア〇〇」というのが積水ホームテクノの商品

やはり一番種類が豊富ですね

 

「サザナ」はTOTOの商品です

 

「セラミックバス」もどこかのメーカーが提供している商品だと思いますが

カタログからだとよく分かりませんでした…

 

バスコアシリーズの違いについてもう少し説明しますと…

 

「BCH Ⅵ」バスルームのスタイルやサイズやカラーバリエーションが最も豊富

バスコアの中でもメイン商品ぽいです

 

「BCHE Ⅲ」極力無駄を削ぎ落としたシンプルな商品です

 

「BCH Ⅴ」サイズが「1823」と大きく広いバスルームが欲しい人向けです

 

気になったバスルーム

カタログを見てて気になった商品を紹介します

「バスコア BCH Ⅵ」にはバスルームの構成に応じた3つのスタイルがあります

 

・カウンタースタイル

・ベンチスタイル

・シャワースタイル

 

バスルームはどノーマルでいいと思ってましたが

この「シャワースタイル」にとても惹かれています笑

 

海外のホテルとかでたまにこんなの見かけますが

シャワー派にとってとても気になるアイテムです

 

余計なカウンターがないので掃除が楽そうなところもいいですね

妻的にはちょこっとした棚もいらないくらいだそうです

 

逆に浴槽は重視しないので

シンプルでエコなたまご型が候補です

 

あとパナソニックのショールーム見学で

妻の興味を惹きまくっていたマイクロバブル発生機

オプションで付けることができるようです

(もちろんパナソニックの商品とは別ですが)

 

妻のマイクロバブル発生機への期待は

日を追うごとに高まっています笑

 

安く抑えようとしているバスルームですが

思ったより費用が上昇していきそうな予感です…

 

ただシャワースタイルだと

バスルームのサイズが「1618」か「1818」のみなので

バスルームのサイズを抑えて他に回したいとなると

カウンタースタイルしか選択肢がなくなるみたいです

 

カウンタースタイルなら「1318」と「1418」も選べます

最後に優先順位とコスト見ながら調整だなあ

 

おわりに

メーカー名は馴染みなかったですが

実はお世話になっている積水ホームテクノのバスルーム

今の賃貸と同等以上のクオリティのものが入ると考えれば大きな不満はないはず

 

その中で欲望を詰め込んだらバスルームは一体いくらになるのか?

後報をお待ち下さい!

(予算オーバーしたら真っ先にコストダウン対象になるでしょうけど笑)




✂===================✂

最後まで読んで頂きありがとうございます!!

ブログランキングへ参加中です
下記リンクをクリック頂けると励みになります

家づくり経験者の施主ブログには
家づくりのヒントがたくさん詰まっています

\積水ハウス施主の人気ブログはこちら/
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
\マイホーム全般の人気ブログはこちら/

\テーマ別最新記事へのリンクはこちら/
新築一戸建て
マイホームブログ
家づくりを楽しもう!
ネコと暮らす家

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA