積水ハウス

データから見る積水ハウスという会社についての紹介

こんにちは!

ジルわこハウス(@gillwacohouse)です

 

 

積水ハウスに家づくり依頼することにしたジルわこハウスですが

担当者全振りで選んだようなものなので

そういえば積水ハウスという会社についてあまりよく知らないな…

ということに気付いてしまったので調べてみました

 

そもそも積水ハウスを選んだ理由についてはこちらもぜひご覧ください

積水ハウスを選んだ理由について(前編)
積水ハウスを選んだ理由(前編)こんにちは! ジルわこハウス(@gillwacohouse)です 今回は家づくりをスタートする前の話 ...
積水ハウスを選んだ理由について(中編)
積水ハウスを選んだ理由(中編)こんにちは! ジルわこハウス(@gillwacohouse)です 積水ハウスと家づくりを進めようと思った理由...
積水ハウスを選んだ理由について(後編)
積水ハウスを選んだ理由(後編)こんにちは! ジルわこハウス(@gillwacohouse)です 積水ハウスと家づくりを進めようと思った理由...

 


積水ハウスの成り立ち

もともと積水化学工業内にハウス事業部という部署が存在し

それが1960年に積水ハウス産業という名前で子会社化されています

(1963年に積水ハウス株式会社に名称を変更しています)

 

日本の高度経済成長期の真っ只中

東京五輪も予定されているところなので

住宅販売の競争力強化・スピードアップのために

子会社化されたのかなと想像します

 

現在は積水化学工業の連結決算対象からは外れており

完全に独立した形になっています

 

なお混同されがち?な「セキスイハイム」は

積水ハウスの独立後に積水化学工業内に誕生した

住宅部門のブランド名になります

 

これを見ててなんとなく思い浮かんだのが

三菱重工から独立した三菱電機が「霧ヶ峰」を販売している傍ら

三菱重工でも「ビーバーエアコン」を販売している構図です

 

そうなった背景とかまではよく分かりませんが

割とあるあるなのかもしれませんね

 

違いとしてはセキスイハイムはかなり有名なのに対し

ビーバーエアコンに知名度が全くと言っていいほど無いこと

エアコンとしての性能は良いらしいんですが

販売戦略というかその辺はいまいちな感じなんですかね

 

ただ去年から女優の北川景子さん起用したCMを流しているので

北川景子効果でシェア伸ばすでしょうか!?

ちょっと注目しています笑

(すみません、めちゃくちゃ脱線しました…)

 

積水ハウスの会社規模

連結従業員数は28,000人以上(2020年度情報)

 

その中で積水ハウス内の1級建築士の数は2,930名(2021年4月1日時点)

これは建設関係の会社の中ではトップを誇る数字のようです

 

次項に示しますが、積水ハウスでは注文住宅事業以外にも様々な事業を手掛けているため

全員が住宅事業に従事している訳ではないと思いますが

積水ハウスの設計士のレベルは他ハウスメーカーと比べても

頭一つ抜きんでている印象です

 

もの凄く感覚的な話で恐縮ですが

SNSやYouTubeで情報発信されている

(良い意味で)やばめの設計士の方とか

元積水ハウスという人が目立ちます

(そういうコミュニティの近くにいるためかもしれませんが)

 

かく言うジルわこハウスを担当頂いている設計士の方もやばめの方ですね笑

積水ハウスのチーフアーキテクトとの面談の記録
住宅設計のスペシャリスト!チーフアーキテクトとの面談こんにちは! ジルわこハウス(@gillwacohouse)です 先日、ジルわこハウスの家づくりを担当いただ...

 

 

連結売上高は2.4兆円以上(2020年度情報)

 

超が付く大企業ですね

売上高2.4兆円というのは

建築業界だと大和ハウスに次いで2位の数字で

日本国内全体でもTOP50くらいに入るレベルです

(ちなみに1位はトヨタの約30兆円という異次元レベルです)

 

 

累計着工棟数は約250万棟とこれまた想像し難い数字ですが

ハウスメーカーの中ではNo.1の数字のようです

(おそらく注文住宅だけでなく、賃貸住宅やマンションも含めた棟数だと思います)

 

ちなみに近年の注文住宅の着工棟数は

2019年度実績が約13,000棟となっていて

これは業界第2位の数字です

 

これまで積水ハウスが1位を堅守してきていましたが

一条工務店がガンガン着工棟数を伸ばしてきており

2019年度は1位の座を明け渡すことになりました

 

積水ハウスの事業内容と売上比率

注文住宅がメインなのかと思っていましたが(会社名的に)

結構幅広くやっていて注文住宅は全体の売り上げからいうと一部でした

※積水ハウス決算ハイライトより

 

戸建住宅事業(13.2%)

注文住宅の売上は全体からすると1割ちょっとしかありません

積水ハウスではターゲット層別に3つのブランド戦略を立てているようで

主力は鉄骨系の「イズシリーズ」および木質系の「シャーウッド」の2本柱

 

もう一つは富裕層向けの超ハイグレードな注文住宅

これにはもう商品名とかありませんでした

「SEKISUI HOUSE」としか…(それ自体がもうブランドなんでしょうね)

医者が建てるような個人病院とかもこの辺に含まれるんでしょうかね??

 

あと去年くらいから出てきたのが

「積水ハウス ノイエ」という取得価格を抑えたセカンドブランドで

今後はこの辺を強化していく計画のようです

ちょうど積水ハウス高いなあと思っていた時にニュースになっていたので

気になって見ていた覚えがあります

 

賃貸住宅事業(14.7%)

私もお世話になっているシャーメゾンのことでしょうね

注文住宅と同じくらい賃貸住宅も売れているようです

 

建築・土木事業(12.4%)

JV事業でビル建てたりとか

そういうのがこの辺に入ってくるんでしょうか

wiki見てると、聞いたことあるビルとかホテルとかの建設に

関わったりもしているようです

ゼネコンみたいな事業もやってるんですね

 

リフォーム事業(5.8%)

家建ててるならリフォーム事業も確かにあるよね

 

不動産フィー事業(22.8%)

最初は不動産の売買のことかと思いましたが

それだけでなく賃貸物件の「シャーメゾン」の運営・管理サポート事業も含むようです

確かにシャーメゾンの管理は積水ハウス不動産というところがやってますね

私もお世話になっています

 

分譲住宅事業(5.7%)

分譲地および分譲住宅の販売分だと思います

注文住宅の半分ちょっとです

意外と多いと感じるのは、おそらく分譲地の販売分も含まれているためでしょうかね

 

マンション事業(3.2%)

分譲マンションについては調べたことがないので詳細不明ですが

マンション事業もやっているようですね

 

都市再開発事業(4.3%)

「六甲アイランドシティ」とか「新梅田シティ」とか

西日本を中心に都市開発も手掛けているようです

 

国際事業(15.1%)

海外進出もしているようで

しかも結構売上比率としては高いですね

結構成功していそうですね

 

 

これだけ分散して事業を展開していると

どこか調子が悪くても他でカバーできたりするので

会社経営としては安定するので

会社がなくなるということはそうそうないでしょうね

 

積水ハウスの営業エリア

本社は大阪にあります

営業所は全国に117か所

住宅展示場は全国に333か所

(※2021年2月1日時点)

 

住宅展示場が営業所の数の約3倍あります

営業所1か所につき

3か所くらいの住宅展示場を管轄しているイメージでしょうか

 

なお営業所は沖縄を除いた46都道府県にあります

基本的には主要都市部に営業所があり

その近くに住宅展示場がある感じで

地方だと県内に営業所が1か所ということもざらなので

住んでる地域によってはなかなか出会うきっかけがないかもしれません…

 

ただ今どきはネットで情報収集は当たり前だし

オンラインで打ち合わせなんかも可能なので

頻繁に面着での打ち合わせをしなくとも

結構なんとかなるかもしれませんね

 

あんまり勝手なことも言えないので…

場合によっては建築可能なエリアかどうか

一度確認してみた方がいいかもしれません

 

積水ハウスの関連会社

積水ハウスには住宅事業をサポートする子会社があります

主要な関連会社についていくつか紹介します

 

積水ハウス不動産

以前は積和不動産という名前でしたが

昨年、積水ハウス不動産という名称に変更になりました

エリアごとに積水ハウス不動産○○(関西、東北など)があります

 

賃貸のシャーメゾンの管理をしている他

不動産の売買を行っています

 

積水ハウスは比較的分譲地持っているほうな気がしますが

条件に合う分譲地が積水ハウスになければ

積水ハウス不動産が土地探し手伝ってくれることになると思います

 

土地の開発なんかもやっているので

積水ハウス不動産自身が売主になっている場合もありますね

 

積水ハウスの分譲地 ⇒ コモンステージ

積水ハウス不動産の分譲地 ⇒ マストタウン

 

とか、そんなネーミングが多い気がしますね

 

積和建設

積水ハウスの注文住宅の施工管理を請け負う会社です

こちらもエリアごとに積和建設○○(関西、東北など)があります

 

ハウスメーカーの場合、毎回決まった職人さんが家を建てるわけではないので

最後の出来上がりの良し悪しはここ頼みになりますね

 

外構工事やリフォームの請け負いもこちらになるようです

 

積水ハウス ノイエ

上でも少し紹介しましたが

20代、30代の共働き子育て世代が購入しやすいよう

坪単価55万円~(消費税抜き)に価格を抑えた

積水ハウスのセカンドブランドを取り扱う会社です

 

(詳細は以下を参照ください)

積水ハウス (sekisuihouse.co.jp)

※積水ハウスプレスリリースより

 

坪単価55万円~でも中堅ハウスメーカーくらいの価格帯な気がしますが

坪単価100万円とか行きそうな積水ハウスと比べると

かなり抑えられていることになりますかね

 

価格を抑えるため標準的な仕様は積水ハウスとは異なりますが

施工管理やアフターサービスは積水ハウスと同様の会社が担当します

価格は抑えつつ、大手の安心感のあるところで家を建てたいという人向きかと思います

 

積水ハウスの今後30年のビジョン

会社のHPとかを漁ってたら

今後30年間の経営ビジョンというのが

株主向けの資料に載っていました

 

創業時から30年毎にフェーズを設けて

会社としてのピジョンというか家づくりのテーマみたいなものが掲げられていました

 

1960年~1990年の第1フェーズは「安心・安全」を目指した家づくり

1990年~2020年の第2フェーズは「快適性」を目指した家づくり

 

そしてこれからの30年となる2020年~2050年の第3フェーズは

「人生100年時代の幸せ」を目指した家づくりがビジョンのようです

 

株主向けの真面目な資料なので小難しいこともたくさん書かれているので割愛しますが

「我が家を世界一幸せな場所にする」

健康・つながり・学びを意識した家づくりというのが根幹のようです

 

幸せの形も人それぞれいろいろありますが

この考え方はいいと思いました

 

極論、どこで建てたとしても

やっぱり我が家が1番と思える家を建てられたら

それが1番の成功だと思います

 

 

なんだか企業研究中の学生みたいな感じになりましたが

なんとなくどんな会社かっていうのは分かったような気がします




✂===================✂

最後まで読んで頂きありがとうございます!!

ブログランキングへ参加中です
下記リンクをクリック頂けると励みになります

家づくり経験者の施主ブログには
家づくりのヒントがたくさん詰まっています

\積水ハウス施主の人気ブログはこちら/
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
\マイホーム全般の人気ブログはこちら/

\テーマ別最新記事へのリンクはこちら/
新築一戸建て
マイホームブログ
家づくりを楽しもう!
ネコと暮らす家

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA